[2018年有馬記念出走馬分析] ミッキースワロー

過去の重賞出走馬分析

前走のジャパンカップでは勝ち馬アーモンドアイをも上回る上がり1位のタイム記録し5着入着したミッキースワロー。

G1ではまだ結果が出ていません一気の末脚で有馬記念を制することはできるのでしょうか。

近況から見る能力

近走:安定してこの馬の能力は発揮できている

2走前の札幌記念以外のレースではG1でも堅実に力を発揮できています。

札幌記念は直線で挟まれたところで騎手が戦意喪失したのでこの馬の実力ではありません。

前走内容:アーモンドアイを上回る末脚

前走ジャパンカップは後方待機から末脚勝負にかけましたが、前残りのレースで展開向かずの5着でした。

しかしジャパンカップで出した上がりタイムは勝ち馬アーモンドアイを上回るものでした。

自分のレースに徹した結果ですので鵜呑みにはできませんがG1でも展開次第で好勝負になりそうな内容です。

力関係とクラス実績:現状は劣勢

G1では現状入着級で連対実績もありません。

レイデオロやキセキ辺りと比較すると対戦比較で見劣るのですが、サトノダイヤモンドには2回も先着していますので他の馬たちとの比較では極端には見劣りません。

立ち回り力

脚質:追い込み一手で小回り?

後方2〜3番手から直線追い込むという追い込み一手の馬です。

小回りの中山コースでましてコーナー多い2500m戦は脚質的には不向きです。

外差し向きの馬場にならない限りは不利な展開を強いられそうです。

気性面とスタート:出遅れ多い

レース中にかかるような面はそれほど見せない馬ですが、スタートは下手です。

後方待機策ばかりなのはスタートの悪さも一因しているようです。

今回の枠順:5枠10番

5枠10番に決まりましたがそれほど良い枠ではないですね。

大外を回っての追い込みに賭ける競馬になりそうです。

アドマイヤモナークが好走した時のような展開が好ましいです。

適性

コースと距離:意外と中山得意だが

脚質的に小回りの中山コースは不向きの印象がありますが、中山ですでに2勝を挙げています。

しかし勝利した条件は中山コースでも比較的追い込みの効きやすい外回りの2200m戦で、今回行われる内回りの2500m戦とは勝手が違うかもしれません。

距離はこなせる範囲でしょう。

血統:かなり未知数

父トーセンホマレボシはディープインパクト産駒なのですが、比較的新しい種牡馬ですので中山の2500m戦はほとんど経験がありません。

母の父ジャングルポケットも有馬記念が得意なタイプの種牡馬ではありません。

最も得意としている条件:中山の外回り2200m

過去に一番強い競馬を見せたのはセントライト記念を勝利した中山の外回り2200m戦です。

中山コースの中でも比較的追い込みの効かせやすい外回り戦ですので内回りの2500mとは同じ中山コースでも大分違うところがあるかもしれません。

ただ坂は問題ないでしょう。

騎手:横山典弘

近況:ぼちぼち

もう50歳のベテラン騎手ですのでマイペースに勝ち星を重ねています。

今年はJBCレディスクラシックを制したり先週のターコイズSを制していて騎乗技術は落ちていません。

大舞台では頼りになる騎手です。

この条件での成績:近年は3着多い

横山騎手は過去にサクラローレルで有馬記念を制した経験があります。

関東の騎手ですので中山の2500mの騎乗経験も多いです。

しかし近年は勝ち星を挙げておらず3着ばかり5回もあります。

マイペースな横山騎手の性格が積極性が必要な舞台で合わなくなっているのかもしれません。

その他のファクター

ローテーション:ゆとりローテ

今年はまだ4戦しか走っておらず、かなりゆったりとしたローテーションです。

疲れの心配は他の馬たちよりも少ないかもしれません。

調教師と調教内容:Wコースで併せ馬

菊沢厩舎は関東の厩舎ですが過去3年この条件での勝利はありません。

最終追い切りはWコースで6F追いでタイムは83.5-66.4-51.1-37.6-11.7です。

併せ馬で先着といい内容です。

仕上がりはかなり良さそうです。

総合評価

能力 G1入着級 △
立ち回り 不器用で小回り? ×
適性 中山実績は外回り △
騎手 3着多い △
その他 仕上がりは良い
総合 余程展開向かなければ厳しい

コメント