[2018年有馬記念出走馬分析] モズカッチャン

過去の重賞出走馬分析

この秋は順調さを欠き昨年に続くエリザベス女王杯制覇とはならなかったモズカッチャン。

まだ秋のG1戦は一戦と余力を残しての有馬記念出走となります。

近況から見る能力

近走:混合戦でも安定

今年は牡馬との混合戦を主に使っているのですが、好メンバーが揃った札幌記念や京都記念でも3着、4着とG2戦とはいえ牡馬と五分の戦いを演じています。

前走内容:休み明けが響いての3着

前走のエリザベス女王杯は府中牝馬Sを回避してぶっつけ本番での出走となりました。

もともと叩き良化のタイプですので3着という結果も致し方ないのかもしれません。

レース内容も内を上手く立ち回りここにつながる内容です。

力関係とクラス実績:現状は古馬混合G2レベル

昨年牝馬限定のエリザベス女王杯を制しましたが、実績的には古馬混合のG2レベルです。

ただ、まだ若い馬ですので上昇余地は残しています。

立ち回り力

脚質:器用な立ち回りが武器

非常に器用な馬で前走のエリザベス女王杯も内目を上手く立ち回りました。

小回りの中山2500mでは強い武器になります。

気性面とスタート:ほぼ問題なし

折り合い面には不安の少ない馬でそれが自在性のある脚質に繋がっています。

2走前の札幌記念はスタートがあまり速くなく後方からの競馬となりましたが、この馬としては例外的なパターンです。

今回の枠順:2枠3番

この馬の器用な脚質を思う存分活かせる絶好枠ですね。

この枠順なら前走のエリザベス女王杯のような好位のインを立ち回りそうです。

適性

コースと距離:中山でも勝利経験あり

3歳の春に中山の1800m戦で勝利経験があります。

この時も早め先頭の内容で中山向きの器用さを示しています。

距離経験はないのですがオークス2着馬でロスなく立ち回ればこなせるでしょう。

血統:ハービンジャー産駒は中山2500mで2勝

ハービンジャー産駒は有馬記念の出走はこれまでないのですが、産駒は中山の2500m戦で2勝を挙げています。

母父キングカメハメハも有馬記念の穴血統ですので適性はありそうです。

最も得意としている条件:立ち回り戦

過去に重賞レースを2勝していますが、共に内を器用に立ち回った勝利です。

自力勝負よりも枠順や脚質に左右される立ち回り戦を得意とします。

昨年の有馬記念のような展開が理想です。

騎手:M.デムーロ

近況:12月に入ってG12勝

モチベーションにムラのある騎手ですが、12月に入りG1レース2勝と絶好調です。

逆らう手はありません。

この条件での成績:有馬記念はヴィクトワールピサで勝利

デムーロ騎手は2010年にヴィクトワールピサでこのレースを制しています。

もともと中山コースはデムーロ騎手が得意としているコースでデムーロ騎手の積極性がより生きます。

ルメール騎手と並び最高の騎手でしょう。

その他のファクター

ローテーション:昨年はクイーンズリングが2着

昨年エリザベス女王杯からの出走でクイーンズリングが2着しています。

かつてはブエナビスタも同じローテーションで2着していますので、悪くないローテーションでしょう。

調教師と調教内容:坂路で馬なり調整

鮫島調教師の管理馬は中山の2500mでの勝利経験は過去3年ありません。

ただ出走数そのものが少ないので仕方ないかもしれません。

19日の最終追い切りは栗東の坂路で54.8-40.2-25.7-12.6というタイムを馬なりで出しています。

一週前に同じ坂路で一杯追いをしているので今週は軽めにしたようです。

総合評価

能力 実績は少し足りない △
立ち回り 理想的な立ち回りできそう ◎
適性 距離以外不安なし ○
騎手 最高のパートナー ◎
その他 大きな不安なし
総合 展開向きそうで好勝負

コメント