[2018年ホープフルS出走馬分析] アドマイヤジャスタ

過去の重賞出走馬分析

ここまで3戦2勝。前走紫菊賞を好時計勝ちしてここへ挑んできたアドマイヤジャスタ。

兄弟には名ステイヤーのアドマイヤラクティがいる良血馬です。

近況から見る能力

近走:ここまで3戦2勝

デビュー戦こそ今回もライバルとなるブレイキングドーンに敗れましたがその後は2連勝です。

2走前の未勝利戦は1600mでしたが、距離延長となった2000mの前走でもなんなくこなして距離対応能力の高さを見せています。

前走内容:好時計勝ち

前走の紫菊賞は小頭数のレースでしたが、外めを回りながら早めの進出を開始してしぶとく伸びました。

勝ちタイムの2分00秒8は前日の準オープン戦を上回る好時計でした。

力関係とクラス実績:ほとんどの馬と未対戦で不明

デビュー戦では今回も対戦するブレイキングドーンに敗れていますが、他のメンバーとはここまで対戦していません。

前走も500万下クラスのレースですからメンバーレベルは低かったです。

立ち回り力

脚質:後方からの差し

スタートで遅れることが多くどうしても後方待機策を取らざるを得ません。

ここまでは小頭数のレースでしたからよかったのですが、頭数が増えてくるとロスの多い競馬を強いられることとなるかも知れません。

気性面とスタート:出遅れ癖あり

ここまで3戦全て出遅れているようにスタートに課題のある馬です。

多頭数となる今回は出遅れると後方10番手以下でのレースになる危険もありますから立ち回りに不安が残ります。

今回の枠順:6枠8番

中枠ですが極端な枠よりも相手を見れる分良い枠ではないでしょうか。

中段後方からのレースとなりそうです。

適性

コースと距離:距離実績があるのは強み

2000m未経験の馬が多い中で500万下での同距離勝ちは非常に強みになります。

小回りの2000mでの勝利というのも今回の中山2000mと繋がるものがあります。

血統:ジャスタウェイ産駒は1200〜1800mが得意

ジャスタウェイ産駒は今年が1世代目ということもあり中山2000mでは勝ち星はありません。

これは新種牡馬ですので仕方ないでしょう。

産駒全体でいうとジャスタウェイが最も得意としているのは芝の1200m戦と1800m戦です。

2000mだと少し詰めの甘さを見せる馬が多いです。

最も得意としている条件:まだ不明だが距離延びて良さそう

父ジャスタウェイの産駒は2000m以下が主戦場になっていきそうですが、アドマイヤジャスタに関しては母系がかなりステイヤータイプなので距離が延びた方が良さが出そうです。

中山2000mでスタミナが足りないということは無いと思われます。

騎手:C.ルメール

近況:今年は年間211勝

武豊騎手の年間最多勝を更新しそうな勢いです。

文句のなく頼れる騎手です。

この条件での成績:ホープフルSは何度も勝利

重賞昇格前のオープン特別の頃からルメール騎手は何度もホープフルSを勝利しています。

2年前にもレイデオロでホープフルSを勝利しており信頼度では飛び抜けています。

その他のファクター

ローテーション:前走2000mは良い傾向

まだサンプルが少ないレースですがここ数年の勝ち馬は2000mでの連対経験のある馬ばかりです。

レース間隔的にも悪く無いでしょう。

調教内容:坂路で併せ

最終追い切りは栗東坂路で52.2-37.8-24.4-12.3という内容です。

併せ馬で最後は突き放し2馬身ほどの差をつけました。

非常に好内容です。

中間もかなり乗り込んでおり乗り込み量はナンバーワンです。

総合評価

能力 前走内容良く有力 ○
立ち回り 出遅れグセあり ×
適性 距離実績あるのは武器 ○
騎手 ナンバーワン騎手 ◎
その他 乗り込み量豊富
総合 有力。馬場向けば。

コメント