[2018年ホープフルS出走馬分析] ミッキーブラック

過去の重賞出走馬分析

ノーザンファーム生産のブラックタイド産駒であるミッキーブラック。

前走こそ敗れましたが2走前には中山2000mの芙蓉Sを勝利しています。

近況から見る能力

近走:ここまで3戦2勝

前走の京都2歳Sでは4着と敗れましたが、デビューからは2連勝してホープフルSと同じ条件の芙蓉Sを制しました。

しぶとい末脚が武器の馬です。

前走内容:引っ掛かって4着

2ヶ月ぶりで初の関西圏での競馬となった前走京都2歳Sは全体に力みが目立ち4着でした。

レースでは出遅れた上に道中は引っ掛かり本来の力が出せませんでした。

上位勢には離されましたが休み明けで酌量の余地はあります。

力関係とクラス実績:対戦比較で劣勢

デビューからの2連勝は関東圏での競馬で比較的対戦相手に恵まれました。

前走は休み明けで本来の力を発揮できたわけではないですが、2着だったブレイキングドーンとは対戦比較で見劣ります。

立ち回り力

脚質:中段待機からの差し

ここ2戦は小頭数のレースでしたのでやや前目のレースをしましたが、スタートがそれほど速くないので基本中段より後方のレースが増えそうです。

先週の中山コースは外めも伸びていましたので今週も同様の傾向なら脚質面での不利はそれほどないかも知れません。

気性面とスタート:前走で不安見せる

前走の京都2歳Sは出遅れて、引っ掛かるという気性面での課題を感じさせるような内容でした。

ただ休み明けでの一戦でしたので一回使った変わり身は見込めます。

遠征競馬は慣れている馬です。

今回の枠順:5枠7番

まずまずの枠ではないでしょうか。

スタートが速くない馬ですので中段外めから差す競馬になるでしょうか。

適性

コースと距離:適性あり

2走前の芙蓉Sで中山2000mでの勝利経験がありますのでコース、距離ともに何も問題がないです。

未経験の馬が多いここでは強みになります。

血統:まずまず

ブラックタイド産駒は2015年以降の中山2000mで勝率6%台とまずまずの成績です。

特別強いというわけではなくこなす程度です。

母はアルゼンチンの名牝ですが配合的には重くタフな馬場に向きます。

最も得意としている条件:まだよく分からず

キャリアが少ないのでまだわかりません。中山の2000mは勝利しているので不得意ということはないでしょう。

騎手:O.マーフィー

近況:乗れる

今年初来日の騎手ですが、ここまで勝率18%となかなか乗れる騎手です。

先週の有馬記念もミッキーロケットに騎乗して4着でした。

この条件での成績:まだ2回しか騎乗なし

まだ2回しか騎乗がないので実績はありません。

しかし中山芝コースにはもうかなり乗っていますから特徴はつかんでいるはずです。

その他のファクター

ローテーション:理想的なローテーション

京都2歳Sからの出走は今後も主流になっていくと思われるローテーションです。

2000m出走の経験は強みになります。

調教内容:栗東坂路で併せ遅れ

最終追い切りは栗東の坂路で52.5-38.4-25.5-13.1というタイムです。

併せ馬で手応えが劣勢となりあまり見栄えの良い内容ではないです。

総合評価

能力 実績は上位人気勢に見劣る△
立ち回り まずまず。出遅れなければ▲
適性 実績では1番 ◎
騎手 経験浅いが乗れる ▲
その他 特になし
総合 パンチ欠く。少し足りないか

コメント