[2019年京都金杯出走馬分析] アドマイヤアルバ

過去の重賞出走馬分析

3歳時はダービー出走まで果たしたアドマイヤアルバ。

クラシック戦線でこそ脇役に甘んじましたが少し距離が長かった印象です。

久々のマイル戦で本来の能力を見せてくれるのでしょうか?

近況から見る能力

近走:相手も悪く距離も長かった

以前はマイル前後の距離を使われていましたが、4走前に京都新聞杯で2着した後は中距離戦を主体のローテーションとなりました。

結果9着、9着、5着と不安定な成績となりましたが、この馬には若干距離が長い印象で相手もクラシックの一線級と結果が出ないかったのも仕方ない面があります。

近4戦中上がり3ハロンの最速タイムを2回計時しているように差し脚は常に堅実です。

前走内容:大外から上がり最速

2000m戦の前走は後方2番手から大外を回り上がり最速のタイムで追い込みましたが5着まででした。

1000m通過61.3秒のペースで後方2番手の位置では届くはずもありません。

オープン特別でしたが馬の力は示しました。

力関係とクラス実績:4走前の京都新聞杯で2着

4走前にG2の京都新聞杯で2着していますので重賞級の能力は示しています。

ただ京都新聞杯は2200mのレースですのでマイル戦で重賞級の能力を発揮できるかはまだ不明です。

適性

コースと距離:京都もマイル戦も得意

3歳の春までは主にマイル戦を中心に走って来た馬で1600mでの複勝率は100%と抜群です。

京都戦も京都新聞杯2着を筆頭に連対率100%です。

3歳の春までの実績ですがコースや距離は得意としています。

血統:ハーツクライ産駒の成績が意外と良い

長距離戦を得意としているハーツクライ産駒ですが意外にも京都の1600m戦でも好成績をあげています。

2016年以降の勝率は10%を超えていて単勝回収率も300%超と抜群です。

最も得意としていると思われる条件:少し時計のかかる1600〜1800m

アドマイヤアルバはここまで2勝を挙げていますが、共に稍重馬場と少し時計のかかる馬場が得意なようです。

今回も少し時計のかかる馬場になってくれたほうがチャンスが広がるでしょう。

立ち回り力

脚質:本来は先行策も取れる

近走は距離を意識してか後方待機策のレースが目立ちます。

しかし京都新聞杯以前は先行脚質の馬でしたので本来は先行策も取れるはずです。

距離短縮となる今回もどう乗るのかは騎手次第でイマイチ読めません。

気性面とスタート:特別悪くはない

後方待機が目立つ近走ですが特別スタートが悪い訳ではありません。

気性面もそれほど問題があるようには思えません。

騎手:岩田康誠予定

近況:2018年は80勝

外国人騎手が増えてから以前ほど重賞レースで活躍する姿は減りましたが、2018年も80勝と依然リーディングでは上位です。

重賞レースでも頼りになる騎手です。

この条件での成績:外回りでは詰めの甘さ目立つ

2016年以降京都の1600mでの勝率は約10%と良好です。

しかし外回りの1600mでは38戦して2ー6ー5ー25と詰めの甘さが目立ちます。

このクラスの騎手にしては勝率が低いですが複勝率は悪くないので頭では少し不安といったところでしょうか。

仕上げ

ローテーション:前走2000m以上はイマイチ

前回のレースが10月ですので約3ヶ月振りのレースとなりますが休み明けは2着、9着と良くも悪くもありません。

前走2000m以上を使って京都金杯に出走して来た馬はエアスピネルの勝利こそありますが、その他では過去10年で3着が2回あるだけですのでそれ程良いローテーションではありません。

一週前の調教内容:坂路とコースで入念

それほど速い時計は出していませんが、12月の初めから坂路とコースで入念に乗り込まれています。

調教量は十分だと思われます。

総合評価

能力 水準以上 ▲
適性 時計か掛かればなお良い ◎
立ち回り 騎手次第の面がある
騎手 この条件詰め欠くが △
仕上げ 休み明けでまずまず
総合 能力、適性あり好勝負可能

コメント