[2019年アメリカJCC杯出走馬分析] フィエールマン

今週の重賞出走馬分析

キャリア僅か3戦、しかも休み明けでG1菊花賞を制したフィエールマン。

異例のローテーションを選んだ理由は体質が弱いことが原因ですが、その後も暮れのG1レースは使わずに年明けのアメリカJCCを始動戦に選びました。

初めての古馬混合戦でどのようなレースを見せるのでしょうか。

近況から見る能力

近走安定度:休み休みでも成績は安定

体質に弱いところを抱えている馬で3カ月に1度のペースでしかレースを使えていないのですが、それでもG1を含めて4戦3勝です。

ノーザンファーム天栄での調整が上手くいっている結果と言われますが、どんな状況でも確実に末脚を使えることが安定した成績に繋がっています。

前走内容:好騎乗

前走菊花賞は石橋騎手からルメール騎手への乗り替わりでしたが、スタートで出遅れることもなく先行策で馬群の真ん中から抜け出しました。

馬の力や仕上げも確かでしたがルメール騎手の好騎乗も大きかったレースです。

力関係とクラス実績:古馬との対戦は未知も心配無用か

古馬との対戦は今回が初となりますが、今年の4歳世代は非常にハイレベルで菊花賞勝利の実績があれば心配無用でしょう。

十分好勝負可能な実績馬です。

適性

コースと距離:中山は勝利実績あり

中山コースは3走前の山藤賞で勝利している経験があるので問題ないでしょう。

距離の2200mは未経験ですが菊花賞馬ですのでスタミナの心配は必要ないでしょう。

血統:得意

父ディープインパクト産駒は過去10年のAJCC杯でダノンバラードやディサイファらの2勝2着2回と抜群の成績です。

今時期の中山が合わなそうな印象もありますが、血統的な不安は何もないでしょう。

中山外回り2200mへの適性:特別大きな不安はなさそうだが

キャリアの極端に少ない馬で中山2200mへの出走歴はありませんが、実際に中山で勝利実績もありますし特別に大きな不安はなさそうです。

小回り向きの印象もありませんが中山でも外回りコースなら無難にこなしそうです。

立ち回り力

脚質:差しタイプ

中段からの差し脚を武器とする馬です。

デビューからの2戦は早めの進出もしていたように捲れる脚も持っている馬です。

気性面とスタート:出遅れグセあり

デビューから3戦連続で出遅れているようにスタート面に難のある馬です。

前走菊花賞は普通に出たことで好位置を取ることが出来ましたが、今回も出遅れて位置取りが悪くなることを想定しておくべきでしょう。

騎手:C.ルメール予定

騎手信頼度:文句なし

昨年215勝の日本最高の騎手ですのでなんの不安もありません。

今年も早速京成杯で重賞制覇を果たしています。

この条件での成績:好成績

昨年秋にレイデオロでオールカマーを制していますしこの舞台でも好成績です。

心配無用でしょう。

仕上げ

ローテーション:休み明けでも走る

休み明けばかりでも好走し続けている馬ですので少し間隔が開いても問題ないでしょう。

菊花賞からの臨戦はあまりないのですが昨年のミッキースワローが2着しています。

一週前の調教内容:Wコースで追い切り

一週前は美浦のWコースで5ハロン追い68.2-12.8という時計を出しています。

順調そうです。

休み明けばかりの馬ですから仕上がりには抜かりないでしょう。

総合評価

能力 G1馬の底力 ◎
適性 無難にこなしそう ○
立ち回り 出遅れ癖あり
騎手 最高の騎手
仕上げ 休み明けは慣れたもの
総合 有力

コメント