[2019年京都金杯出走馬分析] アサクサゲンキ

過去の重賞出走馬分析

2歳時に見せていた先行力は影を潜め、いつの間にか短距離の追込み馬となっていたアサクサゲンキ。

距離延長となった前走のリゲルSでは久々に先行力のあるところを見せてくれました。

近況から見る能力

近走:不安定

前走のリゲルSこそ2着と好走しましたが、近走はスタートの悪さもあってか非常に不安定です。

ただ前走は距離延長で新味が出たように、スタートの悪さを距離延長でカバー出来るならこれから成績も安定してくるかもしれません。

前走内容:2着だが内容自体は平凡

久々に2着と好走した前走リゲルSですが、内容自体はスローペースを先行しての前残りで特筆して強い内容ではありませんでした。

ただ春はスランプに陥っていたのでこのレースがキッカケとなって目覚めてくる可能性はあります。

力関係とクラス実績:実績的には互角

前走はパクスアメリカーナにこそ突き放されましたが、今回出走予定の他の3頭には先着しました。

2歳時には重賞勝ちもありますし実績的にはこのメンバーでも互角です。

適性

コースと距離:距離は前走でこなしたが

スプリント戦を主体に使われて来た馬ですが、前走で1600m2着ですのでギリギリ距離はこなせそうです。

京都コースに関しては2戦して5着、16着です。

この2戦は共に出遅れていますので不得意というよりスタート次第かもしれません。

血統:外国血統で実績なし

父はストームキャット系のストーミーアトランティックですがアサクサゲンキ以外の勝ち鞍はほとんどダート戦で当然京都の芝にも実績がありません。

血統的にはかなり未知の存在です。

最も得意としていると思われる条件:2歳時はスプリント戦だったが

2歳時は1200m戦で結果を出して来た馬ですが、3歳春以降はスタートの悪さもあってスプリント戦では結果が出ませんでした。

前走はマイル戦で2着としましたがこれが現状でのベスト距離なのかどうかもまだわかりません。

そういう意味で戦績的にも血統的にも未知の馬です。

立ち回り力

脚質:先行力もあるが不安定

前走こそ久々に先行する競馬を見せましたが、それ以前の3走は4コーナー10番手以下でレースをしていたようにスタート次第の馬です。

今回のレースでも前走のように先行できる保証はありません。

気性面とスタート:出遅れ率高い

近走が安定していない理由は出遅れが原因です。

この出遅れ率の高さはレースでは致命的な欠点です。

騎手:松若風馬予定

近況:過去3ヶ月で15勝とまずまず

2018年は53勝という成績でした。

過去3ヶ月は15勝と中堅騎手としてはまずまずの成績です。

この条件での成績:イマイチ

関西所属の騎手ですが2015年以降京都芝1600mでは37戦して1勝とあまり得意としてはいません。

この条件で特別なプラスアルファはない騎手でしょう。

仕上げ

ローテーション:前走リゲルS組みは好相性

前走流リゲルS→京都金杯のローテーションは過去3年でもブラックムーン、ウインプリメーラと2頭の勝ち馬が出ていて理想的なステップです。

文句ないローテーションでしょう。

一週前の調教内容:栗東坂路で乗り込み

12月26日に栗東坂路で51.8-38.3-25.8-13.5というタイムを出しています。

ここまでは坂路中心の調教で比較的軽めですが12月にレースを使っているのですでに仕上がっているものと思われます。

総合評価

能力 力は足りるはず △
適性 未知数な面多い
立ち回り 出遅れ多くスタート次第
騎手 良くも悪くもない
仕上げ ローテは理想的 ○
総合 スタートと枠順次第か

コメント