[2019年京都金杯出走馬分析] ヒーズインラブ

過去の重賞出走馬分析

昨年の春にG3ダービー卿CTを制して重賞ウイナーの仲間入りを果たしたヒーズインラブ。

その後はG1戦線で壁に当たっていますが持っている実力は紛れもなく重賞級です。

近況から見る能力

近走:G1で壁に当たる

春にダービー卿CTを制したあとはG1安田記念に挑戦しましたが13着と大敗しました。

その後もG1マイルCSを目標としたローテーションを組まれましたがイマイチ結果が伴いませんでした。

しかし今回はG3戦ですのでG1戦線よりもかなり相手が軽くなります。

前走内容:マイルCSは8着と悪くない

前走はG1のマイルCSでしたが内を立ち回り0.4秒差の8着まで追い上げました。

スタートで出遅れなければもう少し上の着順にこれたかもしれません。

着順ほど悪くない内容です。

力関係とクラス実績:ここでも上位

G3の勝ち馬ですので実績的にはここでは上位です。

力が通じないということはないでしょう。

ただハンデの56.5キロは前回G3を勝った時より1.5キロ重くなります。

適性

コースと距離:京都コースはまずまずの成績

距離に関してはマイルを中心に使っている馬ですので問題ありません。

京都コースはデビュー戦の内回り1600mを勝利していますが外回りコースは3回走って未勝利です。

適性的にはまずまずです。

血統:本質的にはキレ負けする

ハービンジャー産駒はペルシアンナイトが京都外回りの1600mマイルCSを制していますが、この勝利は例外的で2着、3着が非常に多い種牡馬です。

実際ヒーズインラブ自身も外回り1600mではキレ負けして3着が2回です。

最も得意としていると思われる条件:時計のかかる1600m

ほとんど1600mしか使っていない馬ですが、少し時計のかかる馬場やタフな中山コースを得意としています。

開幕週で高速馬場だとスピード面で疑問が付きます。

雨が降ったりした方が良いでしょう。

立ち回り力

脚質:追い込み馬

4コーナー10番手くらいでレースを進めることが多い追い込み馬です。

開幕週の絶好馬場だと届かない恐れがあります。

気性面とスタート:出遅癖あり

毎回ではないのですが出遅れるので位置どりは悪くなりがちです。

開幕週の馬場で出遅れると致命傷になるでしょう。

騎手:藤岡康太予定

近況:昨年は59勝

関西の中堅騎手の一人ですが昨年は59勝という成績です。

ただ昨年の12月は1勝しか挙げていませんので特に調子がいいとは思えません

この条件での成績:得意とはしていない

2016年以降京都外回り1600mでは1勝とそれほど得意とはしていません。

前走のマイルCSは上手に乗っていた印象ですが今回も同様の騎乗をするには内枠を引いた方がいいかもしれません。

仕上げ

ローテーション:前走マイルCS組は悪くない

前走マイルCSだった馬は過去10年でダノンシャークの1勝だけですが、2着が3回あり悪くないローテーションです。

ヒーズインラブ自身も叩き良化型ですので使われつつ上昇してきそうです。

一週前の調教内容:坂路で乗り込む

12月26日に栗東坂路で54.4-39.6-25.3-12.2という時計を出しています。

530キロもある大型馬ですので最終追い切りの内容や当日の馬体重にも注目です。

総合評価

能力 5走前に重賞勝ち △
適性 距離はベスト ▲
立ち回り 出遅癖あり微妙
騎手 プラスアルファはない
仕上げ 大型馬で当日の馬体重注意
総合 ハンデ、脚質、馬体重など課題多くて微妙

コメント