[2019年日経新春杯出走馬分析] メイショウテッコン

過去の重賞出走馬分析

昨年夏に後の菊花賞馬フィエールマンを下してラジオNIKKI賞を制したメイショウテッコン。

その後の神戸新聞杯でもダービー馬ワグネリアンとほとんど差の無い競馬をして世代最強クラスの能力の持ち主であることを証明しています。

近況から見る能力

近走安定度:前走以外は安定

前走こそ崩れましたが神戸新聞杯は3着入線していますし昨年5月の白百合S、夏のラジオNIKKEI賞連勝などそれ以外のレースは安定して好走しています。

自分の形にさえ持ち込めばしぶとく走る馬です。

前走内容:出遅れて引っ掛かる

前走菊花賞はスタートで出遅れた上に引っ掛かるという競馬で本来の力を出せませんでした。

距離も長かったかもしれず度外視してもいい一戦です。

力関係とクラス実績:古馬相手でも最上位

重賞1勝、神戸新聞杯3着の実績はこの相手でも威張れるものです。

特に神戸新聞杯ではワグネリアン、エタリオウと差の無い競馬をしていますし古馬混合のこのメンバーでも実績面での見劣りはありません。

適性

コースと距離:共に勝利実績あり

3歳時に京都2400mの梅花賞を制しているので距離、コース共に勝利実績があります。

神戸新聞杯でも2400mをこなしていますし適性に不安は無いでしょう。

血統:非常に相性いい

父マンハッタンカフェの産駒は日経新春杯での勝利こそありませんがここ10年で2、3着が5回と高い好走率を誇っています。

血統的にはマンハッタンカフェ産駒と好相性のレースです。

京都外回り2400mへの適性:適性十分

もともと距離、コース実績もありますし血統的な裏付けもあるのでこの舞台への適性は十分ありと見ます。

出遅れさえしなければ好勝負可能です。

立ち回り力

脚質:逃げ、先行

過去の4勝は全て4コーナーで4番手以内という完全な逃げ先行タイプの馬です。

5番手以下でレースを進めた時はいずれも大敗しているので今回も先行策でのレースとなりそうです。

気性面とスタート:難しい面あり

前走は出遅れに加えて気性面でも若さを見せていたように精神面に課題の残る馬です。

揉まれると良く無い馬ですのですんなり先手を取れないと思わぬ大敗もあります。

騎手:武豊

騎手信頼度:バッチリ

今年は早くも6勝とスタートダッシュを決めています。

最近は先行馬の方が得意そうですのでメイショウテッコンの脚質ともマッチしそうです。

この条件での成績:抜群の成績

ここ10年で日経新春杯の勝利自体はないのですが、2016年以降京都2400m戦で5勝と抜群の成績です。

メイショウテッコンで実際この条件を勝利していますし文句の無いパートナーです。

仕上げ

ローテーション:前走菊花賞組は好相性

前走菊花賞の組はここ10年でもサトノノブレス、ミッキーロケットで2勝と好相性です。

レース間隔的にも丁度いいでしょう。

調教内容:CWコースでの4ハロン追い

先週かなり速い時計を出しているからか最終追い切りは軽めの内容です。

CWコースで54.7-40.0-12.4と4ハロンからの時計です。

気性面を考慮されてのものかもしれせんが中間は十分乗り込まれています。

総合評価

能力 十分好勝負可能 ○
適性 距離もコースもいい ◎
立ち回り 脆いが先行力高い ○
騎手 信頼度高い
仕上げ 乗り込み量は足りている
総合 若さ見せねば好勝負

コメント