過去の重賞出走馬分析

過去の重賞出走馬分析

[2019年日経新春杯出走馬分析] ルックトゥワイス

ここまで15戦、全て上がり3位以内という堅実な末脚が武器の6歳馬ルックトゥワイス。 前走の圧勝劇からその潜在能力はオープンクラスでも十分通じるものです。 厩舎の先輩パフォーマプロミスに続きここ日経新春杯で重賞初制覇を目指します。...
過去の重賞出走馬分析

[2019年日経新春杯出走馬分析] メイショウテッコン

昨年夏に後の菊花賞馬フィエールマンを下してラジオNIKKI賞を制したメイショウテッコン。 その後の神戸新聞杯でもダービー馬ワグネリアンとほとんど差の無い競馬をして世代最強クラスの能力の持ち主であることを証明しています。 近況から見る...
過去の重賞出走馬分析

[2019年日経新春杯出走馬分析] ムイトオブリガード

昨年春から本格化し瞬く間に3連勝と勢いに乗るムイトオブリガード。 前走のアルゼンチン共和国杯は2着と地力強化をアピールしました。 3度目の重賞挑戦でタイトル奪取を目指します。 近況から見る能力 近走安定度:非常に安定 ここ...
過去の重賞出走馬分析

[2019年日経新春杯出走馬分析] ノーブルマーズ

昨年の宝塚記念で3着と好走したノーブルマーズ。 重賞レースこそ未勝利ですが、いつでも勝てる力があることは昨年の春に証明済みです。 果たして今回が重賞初制覇となるでしょうか。 近況から見る能力 近走安定度:やや不安定 ここ2...
過去の重賞出走馬分析

[2019年日経新春杯出走馬分析] シュペルミエール

長期休養を挟みながらも安定した成績を続けるシュペルミエール。 一年半の休み明けからの2戦目であっさりと準オープン戦を突破しました。 いよいよ重賞戦線で戦うこととなりましたが、その素質が何処まで通じるのでしょうか。 近況から見る...
過去の重賞出走馬分析

[2019年日経新春杯出走馬分析] サラス

3歳の6月に古馬混合の1000万クラスで好勝負をしていたサラス。 秋華賞トライアルの紫苑Sでも人気を集めましたが13着と結果は出ませんでした。 しかしその素質は紛れもなく重賞級のものです。 近況から見る能力 近走安定度:自分...
過去の重賞出走馬分析

[2019年日経新春杯出走馬分析] グローリーヴェイズ

前走の菊花賞は不利な大外枠から最速上がりを繰り出し5着入線を果たしたグローリーヴェイズ。 後に有馬記念を勝利したブラストワンピースともわずか4分の3馬身差という接戦まで持ち込みました。 菊花賞以来約2ヶ月ぶりのこのレースで重賞初...
過去の重賞出走馬分析

[2019年日経新春杯出走馬分析] ガンコ

昨年春にG2日経賞を制してG1路線へと進んだガンコ。 G1では苦戦しましたがG2戦の今回の舞台なら格上的存在です。 昨年は3着でしたが今年はそれを上回ることが出来るのでしょうか。 近況から見る能力 近走安定度:大敗続き 昨...
過去の重賞出走馬分析

[2019年日経新春杯出走馬分析] ウインテンダネス

昨年5月のG2目黒記念を勝利し晴れて重賞ウイナーとなったウインテンダネス。 前走のG1ジャパンカップも好メンバーの中8着と頑張りました。 G2の今回は格上の存在です。 近況から見る能力 近走安定度:やや不安定 5月の目黒記...
過去の重賞出走馬分析

[2019年日経新春杯出走馬分析] アフリカンゴールド

阪神の1000万条件を4馬身差で圧勝し次走の菊花賞でも穴人気を集めたアフリカンゴールド。 1000万条件を勝利した時と同じ2400mの日経新春杯を今年の始動戦としました。 近況から見る能力 近走安定度:前走除けば安定 下級条件の...